遊び人で終わると高級クラブで湯水のごとく会社の支払いで豪遊し彼は

リビングで待っていた井口が立ちより、程こうかパソコンに向ってメールを打つ酉尾にエミが声48冉:けるが返事は無い、3人は部屋を出た。ありがとうございました。エミが二人に和なんかいいよ。4mb仕事休へ帰って飲もうよぼい飲み亡よう。そう言ってエrrrが笑った。

久りに見るる?だった。商寺の幸子の店に戻ったのは、突時を過ぎていた。カンパイ111人がグラスを合わせ左緊張感?解放あのれ、ビールがうまかったございま亡た。葛本当の負踝後藤悦子です。よろしくお願いします。

 
ピンサロは料金が安いのです
数日して、颯希は、僕の家に何もなかったかのように訪れてくれた時は嬉しかった。本来、僕は颯希に謝らなくてはいけないのであるが、酔って愚かな電話をしたことに触れるのが怖かった。もうすぐお正月になる。颯希、何人かで僕の家においでよええ、必ずお邪魔します。わ悠子の憂愁久しぶりに、熊谷市の市内にあるニットーモールで、颯希?愛美?悠子と僕は、チャイニーズティーを飲みゆったりした時間を過ごした。今は、河豚の季節だな、今年は、未だ食べていない、皆でこれから河豚を食べにいこ行こうかその時、颯希の携帯が鳴った。

例に彼女を何度も指名してくれる客もいたが
例に彼女を何度も指名してくれる客もいたが

悠ちゃん指名だからすぐに行って悠子は、恨めしそうに上目づかいで颯希を見たので、屋に、連れて行ったらと言えなかった。僕は可哀相に思ったが仕事人間であるだけに、悠子の立ち行くのを見過ごして、颯希に、悠子を河豚そして、颯希も事務所から何本も電話が入り、忙しいと言って帰ってしまった。残されたのは、僕と、愛美の二人に成ってしまい、僕は愛美に言った。今日は、河豚を食べに行くのは止めよう。君と二人で行くと誤解を招く愛美は、精一杯に可愛い顔をして、僕の眼を見て言った。