デリヘル嬢とトークやエッチな事が出来ることではないでしょうか

むろん、事情があってのそういうことなのだろうが。俺の気持は萎んだきれいだ。それ以上の何も感じなかった。俺は、改めて、娘の全身を見てみる。俺の好みよりは下半身が少し痩せているが、これ以上ないくらいからと言って、俺も、脱ぐ俺は娘の上半身に腕を回し、娘の唇に口をつける。

娘はキスの一瞬は目を閉じたが、また目を開いて、俺を見つめ上げている。目は光を増し、黒目がちだ。頬もやわらかく、唇もやさしく、俺を受け入れると言っている。俺は自分を励まし、娘のお椀型の豊かな乳房にむしゃぶりつく。やわらかいが、しっかり弾むような力がある。

 
彼女は馴れ馴れしい口調は使わず
はぁ、はぁ、松田くん小林さん、俺もう..。彼女の身体を抱きかかえ、ベッドへ押し倒す。俺も身に着けている衣類を全て脱ぎ捨て、彼女の身体に覆い被さる。お、男の人のあれってこうなってるんだ見たことないんですか?うん私ね、お父さんを早くに亡くして、姉と母子家庭で育って男兄弟もいなかったから彼女の家庭事情を聞きつつ、彼女の首に舌を這わせて愛撫する首を愛撫した後、舌を這わせながら徐々に下へ移行していき、大きな乳房の中央にある乳首にしゃぶりつく。

と思うようになったんです
と思うようになったんです

あああん???あん..。あはんおいひいでしゅよほばやしひゃん美味しいです。小林さん彼女の呻き声に乳首を咥えながら褒め言葉で返す。左右の乳首を交互に舌で舐め回し、同時に両手で乳房を掬い上げ、こねくり回す様に揉みしだき、指で散々弄繰り回したりしてると徐々に乳首が硬化していった。俺はそれを確認すると顔を更に下へ移動させる純白でレースの刺繍が入った下着の上から、彼女の陰部を指先でなぞってみた。クチュッという音を立て、薄く透明な一本筋のシミが滲み出て来た。