リフォームの施工の種類は、どのようなものでしょう。シックハウス対策、バリアフリーなどシニアの為の、または介護のためのリフォームなど。もっと快適にするため、外壁塗装、フローリング、クロス壁紙、水廻り、内装。いずれも、リペア(補修)に比べて、リフォーム(改築)は、時間と費用もかかりますし、完成した時点で、意味がなかったとか、満足できずに終わりたくありませんよね。それでは、施工の時に、注意したいことを、考えてみましょう。


このようなケース、よく聞こえてきませんか。それまでは熱心に通ってきた担当の方が、施工工事が始まったとたんに、全く顔を見せなくなった。職人さんに、工事の内容が、きちんと伝達されてなかった。スケジュールが計画通り進まず、何日も工事に来ていないなど。これらは、お客様、営業担当、施工担当の、意思の疎通がうまくいっていないということですよね。一般に、職人さんは、契約のリフォーム会社の話に基づいているだけで、お客様との接客のようなことは、苦手なケースも多いはず。


また、営業担当者の中には、実際お客様との契約がなされた時点で、仕事を終わったつもりの方もいるようです。また現実には、営業担当者は、施工工事をする人ではないので、思ったとおりに伝えるのは難しいという話も聞きます。そこで客側としての注意点は、営業側、施工側、相違を理解しつつ、どちらにも互いにプロ意識を持たせ、より良いリフォームの満足を勝ち取っていただきたいということです。

No comments yet. Be the first.

Leave a reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans