学生寮にはその学校直営のところと、民間経営の2種類がある。学校直営の寮では相部屋の場合もあるが、その分費用が格安である。最近の学生寮は個室、オートロックや防犯設備が整い、家具も備え付けのところが増えてきた。基本的に朝夕2回の食事付きで、食事代は室料に含まれるタイプ、別個に月々食費を払うタイプとある。自分で食事付きにするか選択できる寮もある。寮費は学校や運営会社によって異なるが、バランスの良い食事が

とれるにもかかわらず、一般の賃貸物件よりは安く、集団生活による規律ある生活をおくることができる。食事付きの学生寮は自炊が面倒だとか、大学生活やアルバイトなどに集中したい学生には適していると考えられる。大学直営の寮であれば、そこに居住しているのは同級生や先輩なので、大学の情報を詳しく知ることが出来るし、民間の寮ならさまざまな学校の学生が集まるので、視野が広がるという利点もある。いずれにしてもタテ・ヨコ

のつながりができやすく、コミュニケーション能力が鍛えられる。費用は学校直営の場合は学校に近く、通学費用が掛からないことが多い。民間経営の寮を選ぶ場合は、寮費のほか、通学費がどのくらいかかるか確認したほうが良い。保証金なども何年居住するかで違ってくる。そのため大学によっては年度が進むとキャンパスが変わることもあり、同じ寮に居続けるか、数年で変わる予定があるかということも考慮しなくてはいけないだろう。

No comments yet. Be the first.

Leave a reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans