日本人とばかり絡み

ダウンタウンから歩けるエリアにほとんどの大学がありますので

と言わしめる所以であり
しかし違うだけではなく、がれきバンクーバー島へ瓦礫漂着のニュースを聞いたことがある。2011年の3月11日東日本大震災、その津波で流された瓦礫の一部を太平洋の黒潮はバンクーバー島へと運んだ。
ある記事の内容はこうだ。2013年3月、バンクーバー島·ユクーレット市とトフィーノ市、約20キロ間に流れ着いた東H本大震災の瓦礫清掃および分別作業が行われた。
日本とカナダ北アメリカ大陸は“黒潮”“北太平洋海流”でつながっている。
もう一つの繋がり、それはアイヌとカナダ·ファースト·ネーションズとの関係について。
「アメリカ大陸の先住民族はアイヌ」特集番組海を渡った縄文人番組によると、”縄文のアイヌ民族”だと言う。
が過去に放送された。アメリカ大陸に最初に海から渡って行ったのは、だとしている。発見されたアメリカ先住民の頭蓋骨は長く薄い形をしており、この特徴は環太平洋の古代人類日本のアイヌ人やポリネシア人と酷似しているとの事DNA鑑定でも、頭蓋骨はアジア系でアイヌ民族に最も近いとされた。
縄文人が北海道からカムチャッカ半島、ベーリング海を経てアラスカ、北アメリカへと渡ったと言う説には実にロマンを感じる。
そういえば北海道のアイヌもトーテムポールを作る。バンクーバーのスタンレー·パークには先住民の作ったトーテムポールが並んでいた。
その違いを調べてみるだけでも面白いかもしれない。

ダウンタウンの西側には、チフリ·ガーデン·アンド·ガラスがある。
ここはスペースニードルの観光のついでに訪れる人が多いとのこと。
私の場合、「ここは行ったほうが良いよ!」との事前情報を得ていた。室内にディスプレイされた美しいガラス細工を眺めながら、タイトルのガーデンとガラスの組み合わせに疑問を感じつつ歩いやがて外の光を浴びる。
そこでは自然の草花とガラス細工が同じフィールドに一体となって展開され、見る人に問いかけているようだった。
バンクーバーでも感じていた“空気”てゆくと、そして、をここシア自然と人間造形美の調和”ではないだろうか。
トルでも感じとれた。きっとそれはダウンタウンの中心から海のほうに歩いてゆくと、全米で現存する最も歴史のあるパブリック·マーケット、バイク·プレース·マーケットがある。
中には、肉魚に色とりどりの野菜や果物を売るマーケット、さらにレストランがひしめき合っている。
スターバックスの1号店もあり、ここでしか手に入らないマグカップなどを買い求める列が後を絶たない。
パイオニアスクエアのアンダーグラウンドツアーは、新しいアトラクションだ。
現在のビルの下には、過去に大火災で焼け落ちた町があったとのこと。
その地下の町を見学するツアーだ。

韓国人が多い町

また、歴史という点2010年にTBSで放送された”99年の愛ジャパニーズアメリカン”にも登場した“スミスタワー”は、スミスタワーを見学すると、アンダーグラウンドツアーは割引にでは、1914年落成の歴史を感じさせる建物。
シアトルは見どころたっぷりの町で1泊2日では時間が足りない。なる。食事はクラブポットが有名。バケツで運ばれてきたシーフードを木づちで割って食べるスタイル。
クラムチャウダーも有名だ。私は1泊2日の予定で、ホテルとクイックシャトルバスを事前に予約し、シアトルに入ったのが5月21日日曜日。
5月22日月曜日がハッピー·ビクトリアデイでカナダの休日のため、多くの人が国境を超えてアメリカへ向かった。
アメリカ国境での入国審査は、トランプ政権になり一層厳しさを増したともいわれる。
私の乗ったバス1台が通過するのに、待ち時間を含めおよそ2時間を要した。
タバコ、19酒、マリファナバンクーバーではタバコもお酒も19歳から。
煙草を購入するにはパスポートなどのIDが必要で、·箱10ドル以上する。
法律も厳しく、健康志向でタバコを吸わない人が多い。室内で吸えるところは少なく、吸もし今タバコを吸っている人は、う人は限られた外の喫煙所で吸っている。
カナダを訪れる前にやめるという選択肢もある。なる·レストラン、PUB.酒の販売は厳しく管理され、基本リカーショップでの販売にBARなどで飲むことができるが、それ以外の公園、道、電車·バスの中などでの飲酒は禁止されていó。

カナダで引き出せるので便利ですが


僕の知り合いのさらに実力がなければ容赦なくバッサバッサと切られる世界なのでカナダでは基本的に高校までは教育費がすべて無料でありH本のように桜の花見と称し、公園の中で酒が飲めないので注意が必要だ。
中央図書館にはLibraryPubがあり、毎晩遅くまで学生が集って賑わっている。
図書館にはカフェ、銀行、ギフトショップ、レストランだけでなく何でもありだ。
ところで夜遅くまで学生が集まると言う点では、私も帰国する学生のお別れの会で行ったが、大音量のミュージックに、歌う者、踊っている者もいて、ただでさえ通じない英ガスタウンのCambiePubがある。
語がなおさら通じないし聞こえない。会話するだけで声も枯れ、ついでに風邪までもらって帰ってきた。当然、入店時にIDチェックがある。マリファナを合法化する国カナダ。広大な国、移民を受け入れる太っ腹な国。人は禁止すればするほど隠れてする。そのため取り締まりも大変だ。いっそ吸うことを認めó,認め事により公然と1吸えóから管理ができる。
ルールに基づき、決められた場所での売買、決められた方法で当局の監視の元で吸うことは、安全確保につながるという考え方もあるのだろう。
ピアスを鼻にまでする女性。私は古くさい人間なので正直良い印象を受けない。自己表現方法なのだろう。話をすると普通の青年だ。入れ墨をしている男女。ファッションなのか、見ただけで偏見を持たないように気を付けたい。

日本とカナダ

カナダは日本と真逆の国だった。カナダは粗削り、広い国土,大自然、多民族国家。きゅうしゅんそれに対し日本は繊細、狭い国土·急峻な地形、単一民族国家。
カナダは2017年で建国150年だが、ところで150年前の日本はというと明治維新大政奉還にあたる.H本もある意日本人がカナダに魅了される理由は、こうした自かたちとの大きな違いにあるのだと思う。
味2017年は節目の年である。日本とカナダのつながりも確認できた。

無人運転の鉄道であるスカイトレインや

しかし違うだけではなく、がれきバンクーバー島へ瓦礫漂着のニュースを聞いたことがある。2011年の3月11日東日本大震災、その津波で流された瓦礫の一部を太平洋の黒潮はバンクーバー島へと運んだ。
ある記事の内容はこうだ。2013年3月、バンクーバー島·ユクーレット市とトフィーノ市、約20キロ間に流れ着いた東H本大震災の瓦礫清掃および分別作業が行われた。
日本とカナダ北アメリカ大陸は“黒潮”“北太平洋海流”でつながっている。
もう一つの繋がり、それはアイヌとカナダ·ファースト·ネーションズとの関係について。
「アメリカ大陸の先住民族はアイヌ」特集番組海を渡った縄文人番組によると、”縄文のアイヌ民族”だと言う。
が過去に放送された。アメリカ大陸に最初に海から渡って行ったのは、だとしている。発見されたアメリカ先住民の頭蓋骨は長く薄い形をしており、この特徴は環太平洋の古代人類日本のアイヌ人やポリネシア人と酷似しているとの事DNA鑑定でも、頭蓋骨はアジア系でアイヌ民族に最も近いとされた。
縄文人が北海道からカムチャッカ半島、ベーリング海を経てアラスカ、北アメリカへと渡ったと言う説には実にロマンを感じる。
そういえば北海道のアイヌもトーテムポールを作る。バンクーバーのスタンレー·パークには先住民の作ったトーテムポールが並んでいた。
その違いを調べてみるだけでも面白いかもしれない。

カナダの番号を解約し使えなくします


カナダ側とケベック側

日本人について

ここカナダで、日本および日本人について思う。
カナダでは、車、電化製品、日用品に関する物まで日本製品が浸透している。
製品の品質、その確からしさからか、カナダの人々から大きな信頼を勝ち得ている。
食品、世界から信頼される製品を送り出している日本人が、うまく英語を話せないうまく表現できていない
使える英語へ向けた教育改革を行っているこれからの日本に期待する。
その、日本人は一般的にまじめでシャイである。出しゃばらず相手を立てる。ある意味素晴らしい文化である。古い言葉だが、日本では、学校で読み書きそろばんと教わってきた。
反して英語力を伸ばすには、特に聞く力と話す力を鍛えてゆくことが必要であろう。
日本人は、カナダが大好きだ。カナダでは仕事をするにあたり、日本ほど男女格差を感じないという。
賃金処遇を含め、ほぼ対等に働き続けることができる。ワーキングホリデイ等でカナダを訪れ、そのまま帰国しないでカナダで生活する、またはカナダ人と結婚し移民となる女性が多いと聞く。
カナダで英語を含め様々な教育を受け、多くの経験を積んだ優秀な若者を積極的に処遇し受け入れる仕組みが、日本には不足しているかもしれない。
また、カナディアン·ロッキーに魅了され、現地法人のツアー会社に就職した若者たちにも出会った。
ツアーに参加した時、日本人ならではのきめ細かな気配りと丁寧な説明は、カナダにいて日本を感じることができた。
大手旅行会社の現地法人で、日本の大手の採用とは別のシステムだそうだ。

ハリファックスはとてもお勧めです

彼らの能力を日本国内で生かすため、人事ローテーションのグローバル化が必要ではないかと思う。
訪日外国人観光客数の増加を目指す日本。またグローバル化に向け日本の社会の改革が進む中で、海外で英語を学び、仕事を通して様々な経験を積んだUターン人材の有効活用を積極的に考える必要があるのではないだろうか。

ジャパニーズ

日本とカナダの間にも悲しい歴史があった。
日系カナダ人について知ったのは、フェアモントホテル·バンクーバーのジェイ·ステイションにある日系新聞を見た時だ。
1877年に最初の日本人がカナダに移住してから2017年で140年。
太平洋戦争開戦により、100マイル集団強制移動が始まったのは75年前。
この集団強制移動は太平洋戦争の開戦後、バンクーバーに住む敵国民である日系カナダ人を、太平洋沿岸から100マイル離れた内陸に強制収容するというものである。


カナダでは基本的に高校までは教育費がすべて無料であり カナダは移民国家と呼ばれるだけあって バスをうまく使いこなせば