カナダでは基本的に高校までは教育費がすべて無料であり

英語はなかなか上達しません

薬、化粧品から、お菓子、ペットボトルドリンク、雑貨等色々あって、1日1回は必ず立ち寄りました。
なんせ、バンクーバーホテルの部屋にあるエビアンの水2リットルボトルは8ドルの値札がついていたので、怖くて飲めませんでしたからね。
ロンドンドラッグでは3ドルぐらいなのに。2種類の税金カナダでは、消費税にあたるものとして、GST連邦売上税とPST州売上税があります。GSTは5%で、ブリティッシュコロンビア州のPSTは7%です。
ですから、買い物をすると合計で12%課税される場合があります。
一般的な食料品、処方薬、医療器具、·医療サービス、公共交通費等は、GSTが免除されます。
ところが、ドーナツは1個ならばおやつなので、合計12%課税されますが、52種類の税金カナダでは、消費税にあたるものとして、GST連邦売上税とPST州売上税があります。
それが実現できる場所ですし

GSTは5%で、ブリティッシュコロンビア州のPSTは7%です。
ですから、買い物をすると合計で12%課税される場合があります。
般的な食料品、処方薬、医療器具、·医療サービス、公共交通費等は、GSTが免除されます。
ところが、ドーナツは1個ならばおやつなので、合計12%課税されますが、5個だと食事になるので7%の口口PSTだけ課税されるなど、短期旅行者には何がなんだかさっぱりわかりません。
そんな訳で、現金で購入する場合は、最大12%課税されると思って、多めにキャッシュを用意しました。
税金の計算の面でも、買い物には、クレジットカードを使ったほうが便利ですね。
大きなレストランやギフトショップ以外でも、クレイグダーロック城ビクトリアや美術館·博物館のような観光施設や、牛丼屋、クレープ屋、カフェなど、ほとんどの場所で、普通にクレジットカードが使えます。
ただ、お店によって、サインが必要であったり、パスワードの入力が必要であったり、セブン-イレブンのように身分証明書パスポートでOKの提示を求められたり※することがあるので、そのへんの事前準備特にクレジットカードのパスワードの確認は必須です。
※バンクーバーで入ったセブン-イレブンのお兄さんは感じが悪くって、アイディー?って怖い顔で聞かれました。面倒なチップ私達のような日本人旅行者が一番戸惑うのがチップですよね。
ホテルでもベッドメイキングに1ベッドあたり1ドルツインルームなら2ドル必要だし、ブレンズコーヒーのような街角のカフェで数ドルのコーヒーを飲んでも、外人さんたちは、みんな10%~15%相当のチップを、カウンターにおいてあるチップ用のグラスに入れていきます。
それを見て、私も帰り際にあわてて、小銭をグラスに入れたりしました。
日本人はケチだと思われても嫌ですもんね。中国人だと思ってくれればクレジットカードで支払っても、チップ用に小銭が必要でした。
有名店の場合は、カードの支払い票にチップ金額記入欄が用意されていたりしますが、そうでない場合は、代金をカードで精算し、サインした伝票の横に、チップを現金で置いて行けばよいそうです。

  • 彼らにとっての優先権があ
  • 英語の公立学校には行けません
  • 英語系の人達でさえも性格が違うようです

生活のために

バンクーバーは公共交通機関が便利バンクーバーは車社会ではなく、無人運転の鉄道であるスカイトレインや、バス、バスであるシーバス等の公共交通機関トランスリンクスが発達しており、自動車がなくても暮ちせる街だそうす。
水上料金は曜日や時間帯で変わります。チケットは購入後90發間有効T,料金はゾーン単位で決まっていて、1ゾーン2.75ドル、2ゾーン4ドル、3ゾーン5.5ドルとなっています。
乗り換え自由で、子供料金5歳~13歳やシルバー料金65歳以上もありました。
利便性は十分です。観光客にはうれしい1日パスも販売していて、バスもスカイトレインもシーバスも、すべて、75ドリでーH乗り放题となります。行く前にインターネットで乗り方等を調べ行くととても便利ですよ。
名刺大のトランスリンクスの切符です。公衆電話機のような自動販売機で、クレジットカードでも購入出来ます。
スカイトレインの路線図は、ここからダウンロードできます。_Sys.pdfバスの時刻表は、市内の図書館でただで貰えるそうです。
モバイルのインターネット接続環境スマートフォン、タブレットを用意していけば,GoogleMapsで日本語で経路検索ができます。
私は準備して行かなかったのですが、経路検索すると、乗るべきバスの番号まで表示されるので、飛躍的に便利になります。日本国内でも試すことができますよ英語ができなくても、端末上の検索結果をバスの運転手に示して、ヒアウイゴウとでもいえば、ついた時に教えてくれるはずです。(ちゃんとした英語が話せる方はもちろんキチンとセンテンスで話してくださいね。)バンクーバーホテルからスタンレー·パークまでの、バス経路を検索するとこんな感じです。
わかりにくいかもしれませんが、左のルート一覧に乗るべきバスの番号が出ています。
ビクトリアでは、私たちの場合、ダウンタウン中心の観光だったので、交通機関は使いませんでした。
郊外に行く場合は、市バスが2.5ドル、1日パスが7.75ドルでした。
時刻表やルートマップは観光案内所でもらえるそうです。
私の妊娠時には
呼び返さない人が何人かいます
ビクトリアへは、バンクーバーから日帰りツアーで行かれる方が多いと聞きましたが、ダウンタウンを見るだけでも楽しいし、ブッチャート·ガーデンやクレイグダーロック城など、見どころはたくさんありますので、私達のように何泊かするツアーを選択されることをおすすめします。
モバイルwifi+スマートフォン·タブレット端末今、日本国内で使っているスマートフォンでも、iPhoneのようにそのまま海外で使えるものが多いのですが、日本の大手キャリアが提供しているサービス料金は通話·通信とも決してリーズナブ.とはいえず国内の10倍ぐらい、海外で使えるように設定しても、私のような小心者は、料金が気になってあまり使えませんでした。
そこで、おすすめなのが、定額制のモバイルWifiルーターレンタルサービスの利用です。
カナダであれば、1日980円で利用できるサービスがあります。事前約制C国内で使っているスマホにSkypeやLINE等の無料通話アプリをインストールし、モバイルWifiで接続すればSkype同HLINE同tであれば、無料で通話できるようになります.通話をしたい相手がSkypeやLINEを使っていない場合は、Skypeクレジットを購入すれば、1分数セント日本国内の固定電話番号や携帯電話番号に電話をすることができます。
米ドルで、ショートメッセージは9セント米ドルで送ることができます。
手持ちのスマホや携帯を持っていって使った場合の5分の1~10分の1で済む計算になります。
また、これは、当然、Eメール、ネット検索、経路検索等、日本国内と同じ感覚で、料金を気にせず使えますので、精神的にも経済的にも安心です。
英語で堂々と話せることが必要です

しかし共用言語は

日本国内から旅先への緊急連絡のためには、あらかじめホテルの電話番号を知らせておくとういう、昔ながらの方法で十分だと思いました。日本で、何かあってもすくに、飛行機に飛び乗れるぷしゃないんですもんね。
オバサンに言葉の壁はない!?カナダの公用語は英語とフランス語なので、エアカナダの飛行機の中でも、空港でも、街中でもほとんど英語とフランス語の表記が並んでいます。
空港などでは、その他に、中国語や韓国語の案内板が多く見られます。
英語を読むことはあまり問題ない方も、聞くのと話すのは苦手と言う方も多いのではないでしょうか?
私は英語は多少自信が有りましたがTOEIC最高点775点、エッヘン、3年全く英語に触れていなかったので、聞く力が全く衰えてしまい、買い物でもレストランでも、ほとんど相手の訁うとが間ここ2.がっかりしてしまいました。
老化現象だと行ってました。
それが実現できる場所ですし英語で堂々と話せることが必要です

英語で堂々と話せることが必要です

き取れず、妻は、私の日本語の聞き取りも相当悪くなっているので、英語力の衰えではなく、全く英語ができない妻のほうが、オバサンの度胸と身振り手振りで、必要なコミュニケーションは取れているようで、私も、見栄をかなぐり捨て、聞き取れないことを全く気にせず、自分の言いたかえって、いことを、単語だけ並べてしゃべるように切り替えたら、以降、買い物等ほとんど不自由しなくなりました。
ホテルトラブルは覚悟して?ツアー会社は、「ホテルチェックインアシストフォーム」というペーパーをくれました。必要な箇所を指さして使いなさいとのことです。ホテルで使えるツアー会社で、こんな文例を用意しているということは、こんなトラブルはしょっちゅうあるということなんですかね。
実際、私達が宿泊した、フェアモントバンクーバーホテルでは、電気スタンドが点かなかったしね。

海外に住むってどんな感じ?

海外在住と言うとしきたりにとらわれず、自由気ままで楽しそうなイメージがあるかと思います。
どうしてかというと「どこそこの国に住んでいます」というと、たいていいいですねぇ。とかうらやましい。と言われます。が、ちょっと想像してみて下さい。本当にあなたが手続き等を自分でやって生活している場面を。